自転車でのアイウェアのすすめ

自分は目が悪く、普段からメガネをかけているのですが、
自転車用にサングラスを持っています。

紫外線や、太陽光の反射など、サングラスをすることで和らぎ、
目の保護になっていると考えています。
また、ごみ、ほこり、その他もろもろの進入を防ぎ、
下りなどでスピードが出た際の、風による涙目の防止にも効果的ですね。

そこで、度つきサングラスのおすすめについて。
度つきサングラスの選択肢は狭いのですが、以下の選択肢でしょうか。

・コンタクト+サングラス
  メリット
   普段コンタクトをしている人にとっては、一番安くすませることができる。
   選択肢が広い。
  デメリット
   サングラスによっては、風の巻き込みにより目の乾きが若干発生する。

・通常のメガネ+クリップオンタイプ
  メリット
   クリップオンタイプのサングラスのため、安価であり、軽い。
  デメリット
   自転車専用のクリップオンはないのではないでしょうか?
   そのため、風の巻き込みが防げません。
   下りなどでは、涙目・涙目・涙目でちょっと怖いです。

・通常のメガネ+オーバーグラス
  メリット
   オーバーグラスのため、安価である。
  デメリット
   クリップオンタイプに比べて重い。
   また、形によるけど、蒸れるのでは?

・サングラス自体に度が入ったサングラス
  メリット
   自転車専用のサングラスのため、機能的には十分。
  デメリット
   度つきレンズの金額が高額となる。
   色違いがほしい場合、交換用レンズも高額。
   湾曲が激しいレンズの場合、サイドのゆがみが大きいらしい・・・

・インナーレンズサングラス(サングラスの内側に度つきレンズ)
  メリット
   サングラス部のレンズ交換が簡単に可能です。
   視力が落ちてもインナーレンズのみ変更することで安価に対応可能。
  デメリット
   インナーレンズのため、サングラス部の端まではレンズがないため、
   後方確認するする場合には、目だけでなく、顔ごと向ける必要がある。

・跳ね上げ式のサングラス(サングラスの内側に度つきレンズ)
  メリット・デメリットともにインナーレンズサングラスと同様。

ここにあげたメリット、デメリットは自分の主観を多分に含みますので、
ご参考程度にお願いします。

そこで、自分が使っているのは、RUDY PROJECT EXCEPTIONです。
跳ね上げ式のサングラスで、その内側に度つきのレンズが存在します。
サングラス部のレンズは、さまざまな色や調光レンズが存在し、
自分の気に入ったものに簡単に変更可能です。
また、サングラス部の取り外しが可能で、
ただのメガネとしても使用できます。

EXCEPTIONはすでに廃盤となり、後継のIMPULSE Flip Upというのが販売されています。

少々お高いですが、度つきのサングラスではおすすめではないでしょうか?

これにした理由について少し。
サイクリング大会などに参加することがある人にはあるあるだと思いますが、
トンネル内での落車が非常に多いいのです。
自分が参加したことのある大会だと、ツール・ド・国東でしょうか。

サングラスをしたまま、いきなりトンネルの中に入ってしまうと、
真っ暗闇となり、追突したり、はすったりなどで落車するようです。

視力に問題のない人であれば、トンネルに入る前に、
サングラスをあげて、裸眼でトンネル通過という方法が可能だと思いますが、
視力の悪い人には不可能なわけで。。。

そこで、この跳ね上げ式のサングラスです。
トンネルに入る前に、跳ね上げておけば、度入りのレンズだけなので、
暗いトンネル内でもライトをつけていれば問題ありませんでした。
そしてトンネルを抜けた後に、跳ね上げておいたサングラスを下ろせば問題なし!

目の悪い人には、普段使いのメガネとは別に、
サイクリング用のサングラスを用意することをおすすめします。
なぜかというと、自転車に乗っていると、落車しないとは限りません。
離れた場所まで輪行や、車での移動をした場合に、
もし落車して、メガネが壊れた場合どうなるでしょう?
最悪、メガネがない状態での帰路となります。
その場合、自身が運転者だったらもう帰れなくなってしまいます。

などなど、サングラスにもいろいろありますが、
自身にあったサングラスを見つけてくださいね!

この記事へのコメント